友達が駅から徒歩5分の中古マンションを購入

正しい歯磨きでむし歯予防

何年か前に、友達が中古でマンションを買ったときのことなのですが、そちらのマンションは、駅からは徒歩5分のとても立地の良い場所にあったのよく覚えています。
最近はあまり会っていないので、忘れかけていたのですが、つい先日連絡がきたので久しぶりに、思い出してしまいました。
そちらのマンションは築30年ぐらいの中古マンションだったので、確かに外観は、それなりの感じはとてもありました。
しかし、部屋の中は完全にリフォームがされているので、新築同様の作りだったです。
私の家は、今は実家の両親と一緒に住んでいて、木造住宅で、築年数もかなり古いので、友達のそのマンションを見たときはびっくりしました。
外観はそれなりなのに、中は新築同様というのは本当に驚きます。
下手をするとちょっとした高級マンション並みの内装ではないかと思うくらいのレベルに私には見えました。
そちらの部屋は、南向きだったので、とても明るい感じがしました。

その時一通り見せてもらったのですが、とてもうらやましい気持ちになってしまいました。
私が住んでる木造の家とは全く違う、今風の洋風の内装だったので、マンションてこんな感じなんだなぁ、とつくづく思いました。
そちらのマンションは、2LDKの広さだったと思います。
旦那さんと2人で住むので、十分すぎるぐらいの広さがありました。
キッチンは、カウンター式ではありませんでしたが、木目調のシックなシステムキッチンが、ありました。
収納も、たくさんあり、当然洋風の作りなので、クロゼットみたいなのがたくさんもあったの覚えています。
3階だったので、ある程度の眺めは良かったですが、駅前だったので、ほとんど周りの建物しか見えませんでした。
本当に中古マンションで、ここまできれいになるとは思っていなかったので、本当に良い買い物したのではないかと思っています。
価格はあまり言いたがらなかったのですが、雰囲気としては、2000万円チョットくらいではないかと思っています。

母子家庭となってみて分かったこと

こどもプログラミング

2人の子供を連れて、結婚生活5年で離婚に至った私は、シングルマザーとして2人の子供を育てていく決心をし、離婚の前にまず、自分の生活基盤を固めることを考え、とにかく結婚生活を続けている時に、仕事を一生懸命探しました。

子供達を保育所に預け、めいいっぱいの時間の中で正社員として働ける会社はそうたくさんありませんでした。やっとの思いで見つけた会社こそ、いったい何個目の会社の面接だったのだろうと感じたくらい、もう、自分でも訳分からなくなっていました。

それでも私のような条件ながら採用して下さる会社に出会い、ここで力一杯働くことを決意しました。

仕事を始めることは、結婚、妊娠、出産を経て、何とも久々すぎたので、本当に社会復帰が可能なものかとても不安でした。

日々の仕事に慣れながらいろんなことを教わり、やっとこの仕事にも慣れてきた頃に離婚が成立し、私としては何とか子供達を連れてもギリギリでも生活できる基盤ができていたので、さほどの不安なく家も探し、子供達と新しい生活をスタートさせることができました。

それでもやはり全く不安がない訳ではありません。今はまだ子供が小さいのでそんなにお金はかからずにいれる割にはギリギリすぎる生活なので、これから子供が大きくなるにつれてどれほどの教育資金が必要になるのかと思うと、すでに今から贅沢はできず、毎月を切り詰めて生活しなければなりません。

母子家庭になって色々な手当てを受けることができる中に、金銭的に頼れることもありますが、やはりそれを頼るばかりではなく、自分でも頑張らないといけないということを身にしみて感じました。

また困ったときは自分だけで悩まずに相談することが大切です。私は「埼玉県の離婚相談」というサイトで相談先を見つけました。

大事なのは1人で悩まず、悩みを多くの人と共有することだと思います。

甘えてばかりじゃいられない

私は、2歳半になる子供と両親の4人暮らしです。

両親は自営業で会社を営んでいて、私は会社員をしています。週休二日制の会社なので土日は子供と一緒に遊んだり昼寝したり、両親と4人で遠出の旅行などしたりして過ごしています。

しかし平日は、子供は保育園。私は会社を外出することが難しいため、子供が風邪などで保育園を休んだときは母が自営業の会社の事務所で見てくれています。

シングルマザーなら子供の身に何かあれば仕事をほったらかしてかけつけてあげたいところですが、私には両親が居て自営業ということもあり時間の融通がきくので、ついついお願いしてしまいます。

また、朝晩の食事や洗濯なども母にしてもらっているので、平日は家事をしなくても良いということで実家からは抜け出せません。

今心配なのは5年後、10年後の未来についてです。

両親は現在57歳と50歳でまだまだ現役で仕事をしていくつもりだそうですが、父は昨年と一昨年にストレスや腫瘍などで1ヵ月の入院をしていますし、両親共が糖尿病でインシュリンを打つ程ではありませんが毎日薬を飲んで過ごしています。

毎日の食事や洗濯などを全て母に任せて残業したり送別会などに参加したり出来ているので、休日は手伝うことができますが、平日仕事から帰った時には既に子供は保育園から帰り夜ご飯を食べ、遊んでいます。

今は両親が頼れるからこそ、フルタイム+たまに残業が出来ているので、収入面では心配ありませんが、もし両親の身に何かあって子供のことを任せられなくなった場合、自分が全てしなくてはならないと思うと不安でいっぱいです。

今のうちから料理や洗濯など平日の朝晩もするようにして両親がいなくても大丈夫なように慣れていきたいですが、目の前の忙しさからなかなか一歩が踏み出せない状況です。

農機具を売る

一人になってからの情緒不安定

ドローンパイロット資格

今までは、多少なりとも頼れる人がいました。しかし、離婚してからは一人で生計を立てなければなりません。

今後の事を考えるだけで経済的不安だけが残ります。精神的なストレスからは解放されたものの、金銭的な問題だけが残ります。考えれば考えるほど不安だけが募ります。

しかし、お金だけの為に繋がっているのはいるのは辛かったのです。お金よりも解放される事を選んだので仕方無いのですが、今は頑張って働き貯金をしたいです。

しかし、環境も変わり体調を壊しなかなか働けない時期もありました。私が家を出てしまったので今まで溜めてた貯金は底を尽きてしまったのです。

改めて、お金が無い不安やストレスって恐ろしいものだと感じました。1人なら簡単に取り戻せると思っていましたが、後少し時間が掛かりそうです。

今出来ることを必死にやろうと思い、副業までも考えています。本業に支障は出せないので無理ない程度で臨時収入を得ようと考えています。

いつかは、また再婚も前向きに考えています。その為にも、しっかり貯金は残したいです。基本的な事ですが日々、生活をする中でお金と仕事、健康面は大切にしなければなりません。

離婚するまでは健康的だったのですが、いつの間にか風邪を引きやすくなってしまいました。情緒不安定なままではいけないので、精神的に強くならないとと思っています。

お金も含め、健康的な体は本当に大切だと思いました。体が丈夫でなければ働けないからです。一人になると今まで当たり前だと思っていた事が大切に思える様になります。

ストレスはしばらく改善されないかもしれません。しかし、弱音ばかり吐いていたら余計不安になってしまいます。

いつかは明るい未来が見えると信じ、ゼロからスタートしようと思います。少しずつ貯金をし精神的ストレスを一日でも早く拭っていきたいです。

体は小さい。でも心は大きい

私には、4歳になる男の子がいます。
出産してすぐに離婚し、ほとんど一人で育てています。
家事、子育て、仕事…
休憩をする時間なんて本当にありません。
ですが、一つでも欠けてしまうと生きていけません。
20代前半の私にはとても重く感じる事もありましたが、
どんな事があっても、子供の前では笑顔でいる事…
それは私の中では一番欠かしてはいけない事でした。

ですが、どうしても笑顔でいられなくなった時は
子供がおやつを食べている間に
一人、布団の中で泣きました。

可愛くて仕方がないわが子ですが、
どうしようもない時ってありますよね。

母親って、とても大変な役目だという事を日々実感してますが、
やはりわからない事も多く、毎日手探りです。

そんな毎日を過ごしている中で、
子供がどんな風に私を見ているのか…

一時期、仕事が忙しく
保育園のお迎えが誰よりも遅く、
最後になってしまう日が続いた時がありました。
寂しさのあまり、子供は精神的に不安定でした。
私もイライラして、叱ってしまう事ばかり…
いけないとわかってても叱ってしまい、
子供の寝顔を見ながら何度も泣いてました。

爪水虫を解消

そんな中、久しぶりに早くお迎えに行ける日がありました。
お迎えに着くと、すごい笑顔で私の胸に飛び込んできて、
『ママ!今日はすごく早いね!お仕事終わってきたの?
今日も遅いと思ってたから保育園で寝ようと思ってたんだよ。
ママはお仕事頑張ってるから、僕は大丈夫だよ!』と、言われました。

思いもしなかった言葉だったので、泣いてしまいました。
私は自分の事でいっぱいいっぱいで
叱ってばかりだった事を、抱きしめながら謝り、『ありがとう』と言いました。

それからはどんなに忙しくても
1日何度も抱きしめ、『大好きだよ』と伝えるようにしてます。
子供と過ごせる日々が本当に幸せです。

シングルマザーと育成会の役員

子供のためにと思い、去年度は育成会の役員を引き受けました。3月の終わりに総会があり、やっと次の方に引き継ぐことができました。1年間は長かったです。

学校のPTAの役員もしたことはありましたが、今回の育成会の役員は肩身の狭い思いをしました。父親の協力や参加を求める機会が多かったからです。

男手が必要な力仕事や、協力が必要になった時に、できる人を集めるときに協力できないことに、子供が嫌な思いをするのではないかと不安になりました。

他の方はみんなご主人がいました。単身赴任の方が多かったので、少し気持ちは楽になりました。

球技大会の時には、審判がたくさん必要になりました。主審や塁審などは、ヤジがあるため男性の参加をお願いすることになったからです。

 

地域の運動会でも、準備係などもあり家族そろって、お父さんの参加も多かったです。餅つき大会でも、準備や接待係が女性で、餅をつく係が男性と、何度も子供に寂しい思いをさせてしまいました。

私はできる限りの協力や手伝いを行いました。私自身は楽しい1年でした。友達もたくさんできました。子供も色々な行事に参加して楽しそうでした。

自分で選んだシングルマザーの人生でしたが、時々寂しい気持ちになります。小学校では、シングルマザーの方はたくさんいて、心強いです。しかし、地域の行事になると困ります。年配の方に、お酒を飲むとシングルマザーのことをつつかれてしまします。

何があっても負けないつもりでいたのに、ちょっと気弱になってしまう瞬間です。